お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場
Home >> 海外 >> 世界で最も醜い女性

世界で最も醜い女性

「世界で最も醜い女性」と宣伝され、
米国や欧州で見せ物にされた女性の遺体が12日、
死後約150年を経て生まれ故郷のメキシコに帰り、
埋葬されたというニュースを聞いて涙が出ました。

1834年にメキシコ・シナロア州で生まれたフリア・パストラーナさんは、
極端な多毛症のため顔が長い毛で覆われるなどの病気にかかっていたそうです。
後に結婚することになる米国人興行者と20代で出会うと、
見せ物として歌や踊りをさせられ、米国や欧州を興行して歩いていたそうです。

パストラーナさんは1860年、息子を出産した直後にモスクワで死亡。
同じく多毛症だった息子も数日後に死亡すると、
夫は2人の遺体に防腐処理をし、各国を展示して回ったそうです。
パストラーナさんの遺体がその後、ノルウェーの
オスロ大学に保管されていることを知った
シナロア州のマリオ・ロペス知事の働き掛けによって、
帰郷が実現したということですが・・・

パストラーナさんは亡くなる直前、
「私は幸福のうちに死にます。私は充分愛されていましたから」
と言い残しておられたそうです。
お金目的の夫の愛を、最後まで信じていたと揶揄する話もありますが
彼女の言葉が本心であるのなら
他人がどういう目で見ようとも
彼女は幸せだったのだろうなぁと思えます。

夫の目的がなんであれ、彼女はあちこちを旅行できて
いろいろなものを見て過ごせた。
家に引きこもっていたら、そういうものを知らないまま
生涯をとじたのでしょうから。

考えかた一つで、人生は大きく変わります。

楽しいことを発見していきましょう!!
JUGEMテーマ:ニュース
pandasu | comments(0) | - | pookmark | category:海外
Comment








おすすめ


SEO

seo great banner
  • SEOブログパーツ

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Recommend

Profile

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

お得なポイント最大10倍のイベントも開催中!楽天市場

SEO対策テンプレート